motokaiho’s blog

元海保の体験談

【これぞパワハラ】こんなパワハラを受けていたら、どんなパワハラも怖くない!!

どうも、元潜水士です。

 

昔から世間を騒がしているパワハラ問題ですが、いくら問題になっても無くならないんですよね。

 

引用元:フォトAC

 

これっていじめと同じで、やってる側ってあんまりパワハラと思ってないんですよね。思っていたとしても、それ以上に面白いんだと思います。

 

自分より弱い相手が苦しんでいるのを見るのが

 

「悦」

 

って人が、いじめたりパワハラをしたりするんです。

 

そんな中、私も数多くのいじめやパワハラを受けてきました。

(学校時代から海保にかけて)

 

そこで、私が受けた海保でのパワハラと、その対処法をご紹介させていただきたいと思います。

 

参考になるかどうかわかりませんが、こんなパワハラもあるんだということを知っておくと、今受けているパワハラは大したことないじゃないか!とか、これよりひどいから警察に相談しよ!とか現状を変化させるきっかけになればと思います。

 

海上保安学校での教官からのパワハラ

・2時間正座地獄

とある教官と飲み会をしたときに、学生が教官のモノマネをして会場を盛り上げていました。翌日、参加した学生全員が呼ばれ、2時間正座をさせられ、罵倒を浴びせられ続けました。

 

みんな、足が痛くて話が入ってこないのですが、話を聞け!と頭を叩かれ2時間が経過。

 

教官:「足居痛いか!?」

 

と学生1人1人に聞いていくと、みんな弱音を吐いたらいけないと思っているのか、

 

学生「痛くありません!」

 

と言って、

 

教官「痛くないなら、痛そうな顔するな!」

 

と頭を叩かれたり、足を踏まれたりしておりました。自分の番になり痛いかどうかを言われた際に、私はこう言いました。

 

私「痛くて教官が何言ってるかよくわかりません!」

 

教官「よし、くずせ!」

 

正直者がパワハラを凌駕した瞬間でした。

 

②現場に出た時のパワハラモラハラ

・上司にゴミ扱いされる

現場に配属されて1週間、教科書で学んだ内容とは違い、船の業務を覚えるのは大変でした。それをみた上司からは、

 

上司「また使えない奴が赴任してきたな」

 

とか

 

上司「お前見てるとイライラするな、早く辞めて新しい職にでもつけ」

 

とかとか

 

上司「お前みたいな奴は何やってもダメなんだよ」

 

みたいなことを毎日みんなの前で言われ続けること数か月。流石のメンタルお化けの私もイライラが溜まってきました。

 

そんな時、潜水士の選考会が行われると聞き、航海長が勝手にエントリーしてくれていた。そのことを聞きつけた上司が私に一言。

 

上司「お前みたいなのが潜水士になれるわけないだろ」

 

私「頑張ってなりますよ、潜水士になればあなたと別の船に乗れますし。それだけでモチベーションがギャンギャン上がってきますよ。」

 

とみんなの前で言い放ったところ、カンカンになって文句を言ってきましたが、その後見事選考会を突破し、潜水研修に行くことに決まりました。

 

選考会にいく前の下船式にて、保安部長なども顔を出している中、潜水士になって救難を頑張ることを決意表明した後、私は声高々にこう発しました。

 

私「〇〇さんが私のことを思い、お前はなにもできない、使えないとはっぱをかけてくださったことにより、私は潜水選考会を突破することができました。毎日の叱咤激励ありがとうございました。」

 

船員は皮肉たっぷりということが分かり苦笑い。保安部長は感謝の気持ちを伝えているのだろうという顔。当の本人はなんか焦ってました。

 

他にも、まだまだこんなもんじゃないパワハラがありますが、対処法としては、向き合っていくしかないんじゃないかと思いました。

 

つらい顔するともっと楽しくなってしまうのが、パワハラ族なので、その人たちの楽しみに付き合うことなく毎日を謳歌しましょう!!

 

ちなみに潜水士になって数年後、同じ船にパワハラおじさんが乗船してきましたが、救難船経験がなく、立場が逆転しました。

 

しかし、私はこの人を使えないとは罵倒しません。だって、同じ人間になりたくないから。

 

 

ストレス解消道具

 

 

 

 

 

【拳銃のダチョウ倶楽部】やるなよ!絶対やるなよ!をやるやつ一人は必ずいる

どうも、元潜水士です。

 

海上保安庁って救助だけじゃなくて警備もやるので、拳銃や小銃も取り扱っております。

 

引用元:フォトAC

 

サバゲー好きな方は海保に入っちゃいましょう!

 

海保学校でも拳銃や小銃の取り扱いを行い、拳銃については実弾を使用して射撃訓練を行います。

 

ただ誰でも実弾を撃てるわけでなく、整備がちゃんとできて、操法も合格した人のみが実弾を撃つ資格を与えられるんですよね。

 

※当時はニューナンブ、今はサクラかな??

 

小銃については、学校の時には説明と分解結合くらいだった気がします。

(記憶があいまい)

 

そこで毎年必ずあるんじゃないかな?と思う、なんでそれやっちゃうの!?という拳銃の事案をご紹介いたします。

 

海保学校では拳銃の授業があり、拳銃の仕組みやら、分解結合、操法などを学びます。最終的に実弾を撃って終了の流れなのですが、必ず分解結合時に発生する事案があります。

 

拳銃を分解する際に、部品名などは差し控えますが、バネが入っている部分があります。そこの部品を外すとバネがぴょーんと飛んで行ってしまうので、飛ばないように手で覆ったりしながら外す作業があるんです。

 

教官「いいか、絶対にバネを床に落とすなよ!

 

学生「はい!

 

ぴょーーん

 

教官「誰だやったの!!やるなっていったろ!!

 

というのが恒例行事です。

 

ちなみに現場に出てもバネ飛ばす人がいますので、意外と学習能力なくても海保に入れます。

 

これを読んでから海保になった人は、絶対にバネを飛ばしちゃいけませんよ!絶対ですよ!!

 

※ちなみに小銃は64式と89式があります。

 

【ヘリ訓練の悲劇】空中での無限スピン地獄

どうも、元潜水士です。

 

海上保安庁というと海を想像する方が多いと思いますが、海上保安庁は船だけでなく、航空機も所有しております。

 

引用元:フォトAC

 

ヘリコプターや飛行機などが配備されている場所を〇〇航空基地と呼び、そこに所属する救難隊を、機動救難士と呼びます。

 

この機動救難士は潜水もするし、ヘリから降下して救助しに行くこともできる救難隊となっております。

 

しかし、巡視船に乗っている潜水士もヘリ訓練を行います。巡視船所属の潜水士もヘリ救助できるのですが、ヘリから降下する手段がホイストのみで、機動救難士はロープで降下するリぺリング降下も行うことができます。

 

ちょっと難しいのですが、

 

巡視船の潜水士→ヘリからワイヤーで降ろしてもらう

機動救難氏→ロープで降下することもできる

 

のような感じで覚えていただけたらと思います。

 

さて、私も機動救難士をやっていたのですが、巡視船の潜水士のヘリ訓練に立ち会うことがよくあり、この日も訓練のためヘリで巡視船に向かっていました。

 

巡視船の潜水士の中には、私が潜水士時代に現場に赴任し、最近潜水士になった後輩がいました。後輩の成長を確かめようと、到着した巡視船の上空からりぺリング降下。他の隊員も降下し、巡視船の潜水士と訓練を開始。

 

引用元:フォトAC

※この画像は海保ではありません。イメージです。

 

訓練内容はこんな感じでした。

①要救助者をエバックハーネスにて吊り上げ救助

②1番吊り上げ

③1、2、3番ホイスト降下

④要救助者を1~3番で変更しつつ、再度エバックハーネスで吊り上げ救助

 

上記内容を時間いっぱい繰り返すというものだった。訓練する潜水士に関しては、巡視船で待機しているものが、順番に交代して訓練をおこないます。

 

ちなみにエバックハーネスとは、要救助者の上半身から太ももくらいまでを覆い、ホイストと結着して要救助を救助するものである。

 

潜水士歴の長いものは、スムーズに訓練をこなし、危なげなくクリア。とうとう後輩の吊り上げとなったとき、見ているこっちが少し緊張してしまいました。

 

可愛い後輩だったので、上手くできてほしいなぁ。と思っていたところ、問題なくエバックハーネスを装着。ホイストにて一緒に吊り上がっていきました。

 

私「お!やるじゃあないか!よく練習したんだな!」

 

無事にその順番も終わり、いざ後輩君の初ホイスト降下!ヘリから出てきて以下の確認を行います。

 

カラビナ安全環よし(自分とホイストに結着しているカラビナ

②ロックよし(ホイストのロック)

③降下ロープよし(先に1番員が降りているときのガイドロープ)

④降下地点よし(降下場所が安全かどうか)

⑤降下準備よし(ホイストマンの目を見て言いましょう)

 

ここでホイストマンと連携して降下します。降下中は体が倒れてしまうとダウンウォッシュ(ヘリからの風)が直撃し、体がくるくると回ってとんでもないことになります。

 

なので、降下員は体をホイストに密着させ首だけ下を向き、降下地点を確認しなければなりません。

 

案の定ダウンウォッシュの洗礼を受けた後輩君は、スケートの羽生選手並みの高速スピンを我々に披露してくれた。

 

1番員のガイドでも止めることはできず、ホイストマンも急いで降下させた。後輩君もスピンしすぎてどうすることもできず、巡視船に降下するも立つこともできずにダウン。さすがにホイストケーブルが巻き付いたら大事故になるので、後輩君を救助し、その日の訓練は終了した。

 

ヘリによる救助訓練が、後輩君の救助訓練に変更される

 

初訓練でこれだけホイストの洗礼を受けたので、彼はその後、お手本のような体制で降下するようになったとかならなかったとか。

 

 

降下時の参考アイテム

降下ロープ

ホイスト結着カラビナ

降下時のグローブ

降下時のハーネス

※実際はマウンテンダックスなどを使用

【そろそろ合格発表】10月期に会海保学校に入学するあなたへ

どうも、元潜水士です。

 

もうそろそろ二次試験の結果発表でしょうか。

もしかしたらまだ二次試験真っ最中でしょうか。

 

引用元:フォトAC

 

合格して海保学校に入学する際の必須アイテムを今回はご紹介したいと思います!

 

以前記事にもしたのですが、今回はもう少しわかりやすくお伝えしたいと思います!

 

海保学校の必須アイテムはこれだ!!

 

①パソコン

②アイロン

③アミロとミトン

④靴磨きセット

⑤レトルト食品

トラベルミン

⑦女子学生を好きにならない鋼のメンタル

 

上記のものがあると、一つ上の生活ができるかと思います!パソコンに関しては、スマホがあるので特に必要がないかもしれませんが、あると何かと便利です!

 

アイロンや靴磨きなどは現場に出ても使うので、思い切って良いやつを買いまして、自分のモチベーションやテンションを上げたほうが良いです。

(特に潜水士を目指している人は靴ピカピカ絶対条件)

 

レトルト食品については、土日のごはんとして、少しでも節約をして、現場に出たときに車でもバイクでも買っちゃってください!海保学校で豪遊するなんて愚の骨頂ですからね!!

 

トラベルミンについてはお勧めしてはいますが、学校滞在中にある乗船実習で船酔いを体験するのもいいかもしれません。

 

ただ、船酔いしすぎて仕事にならない人もいますので、薬に頼るのも悪くないと思います。中にはアンチ薬派がいますが、そんなのガン無視で我が道をいってください!!

(眠くなるので寝ないようにはしてください)

 

こんな感じで、ワンランク上の生活を送るための道具をご紹介いたしましたが、ぶっちゃけ本当に必要なのはメンタルだけですから!!

 

皆さん合格して舞鶴に行っても、自分を見失わずに頑張ってください!

 

【憧れのレスキュー隊】救助に使う道具ってどんなのがある??

どうも、元潜水士です。

 

前回の記事で潜水士の基本装備をご紹介した結果、思ったより好評でしたので、救助機材についてもご紹介させていただこうかと思います!


f:id:motokaiho:20220625164123j:image

引用元:ppixabay

 

訓練ではレンジャー訓練と呼ばれており、主に要救助者の吊り上げ救助、搬送の訓練を行っております。

 

その中で、実際に使用する機材をご紹介いたします!

 

要救助者を吊り上げ救助する機材!の前に、救難隊の基本装備はこれだ!

 

①ヘルメット&ヘッドライト

②ゴーグル

③救難服

流石にamazonではありませんでした、、、

④ハーネス

カラビナ

大きさは大中小の3種類を使っています!

 

⑥小綱

小綱は体格に合わせて切って作っております!

 

⑦グローブ

⑧救難靴

 

こういったところでしょう!

ハーネスについては小綱を巻いてつくることもあります。

真夏でもこの格好なので、夏バテしない体作りを日々行っております!

 

お待ちかねの救助機材はこちら!

 

①ロープ

ヘリ救助や都市型レスキューはスタティックロープというものを使用しています!

 

②滑車

③スリング

④救助機材

デラックススリング

エバックハーネス

ストレッチャー

流石にamazonには救助資機材はありませんでした、、、

 

⑤その他アシスト機材

 

 

そして最も必要なものはマンパワーである。

マンパワーで行けるものはマンパワーで行く。それが一番早く、確実性のあるものであれば!

 

ただ、機材を使う現場も多いので、機材も必ず持っていき、使用方法もしっかり訓練しておかなければなりません。

 

機材は使用に伴ってジェネラルユースやらテクニカルユースなどがありますので、取説をよく確認し、使用方法を間違ってはいけません!

 

みなさんも趣味で機材を揃えて遊んでみてはいかがでしょうか??

 

登山などにも使えるものですので、人とは少し違った趣味を持つチャンスですね!!

 

 

 

【憧れの潜水士】潜水士ってどんな装備を持っているの??

どうも、元潜水士です。

 

潜水士ってどんな特殊な装備を持っているんですか?って質問があったのですが、実はそんなに特殊な装備を持っていないんです。

 

引用元:フォトAC

 

普通にAmazonでも手に入るような装備ですので、ご紹介させていただきたいと思います。

 

潜水士の装備品の基本はこれだ!!

 

ウエットスーツドライスーツ

②フード

③マスク&シュノーケル

④ウエイト

⑤ブーツ

⑥フィン

⑦グローブ

⑧時計

⑨コンパス

 

上記が基本装備ですが、メーカーはアクアラングだったりTUSAだったり様々です。潜水時計セイコーのアナログとデジタルが両方ついている古いものを使っておりました。

(もう売ってないみたいです)

 

ほとんど支給品なんですが、個人的に装備品を整える人もいますね。私も中に着る海パンだけは自分で買いました。

 

潜水に使用する際の装備品はこれだ!!

 

①ボンベ&ハーネス

Amazonにはありませんでした( ´∀` )

 

②レギュレーター

③ナイフ

④水中ライト

⑤カメラ

 

こんな感じです。

 

あれ?ナイフにパン切り包丁があったよ?って思った方!!お目が高い!実はロープを切断したりするのに、パン切り包丁が便利なので、基本潜水士は装備しております。

 

どこかで潜水士を見かける時がありましたら、足にパン切りが装備されているのを確認していただけたらと思います。

 

カメラについてはGOPROを使うようになってきましたね、手も塞がらないし、便利なカメラです!

 

このほかにも水中に潜降するときに使うロープや、捜索に使うロープもあるのですが、それはまた今度にいたしましょう!!

 

この記事が好評だったら、レンジャー訓練や吊り上げ救助機材についても紹介したいと思います。

 

それでは安全なレジャーをお楽しみください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【密着!海上保安庁24時】出港から入港まで

どうも、元潜水士です。

 

海上保安庁のお仕事に完全密着!巡視船業務の実態に迫りたいと思います。

(言える範囲で)

 

引用元:フォトAC

 

早速休み明け、巡視船に集合するところから密着開始!

(PL巡視船を例にします)

 

0730

機関科乗組員が船に到着

発電機の切り替えなど、エンジンの準備を開始

 

0800

航海科等乗組員が船に到着

係留索外しなどの準備を開始

 

0830

上席たちの軽いミーティング後、出港

原発警戒や、海域のパトロールに向かいます。

 

航海中は3交代制です

0800-1200

1200-1600

1600-2000

この4時間交代で船舶を航行させます。この当直をワッチといいます。

 

1115

お昼ご飯

主計科主導のもと、下っ端がわちゃわちゃ準備いたします。

 

現場海域到着

アンカーすることもあれば、そのまま漂泊することもあります。

 

ワッチ以外の時間については休憩したり、訓練したり、搭載艇で取り締まりに行ったり、様々なことをしています。

 

1715~1730

夕ご飯

主計科主導のもと、下っ端がわちゃわちゃ準備いたします。

 

その後偉い人からお風呂に入ります。

(夕飯前から入る人もいます)

 

ワッチ以外は寝たり、筋トレしたり、夜食を作ったりします。

 

そんなこんなで1週間

何もないとこの繰り返しを毎日行うというわけです。

 

1週間ぶりに入港

 

1730

下船

 

みんな合コンに行ったり、ご飯食べに行ったり、家に直帰したり。

 

そして休暇後、1週間の長丁場が待っている。

 

 

 

 

 

 

 

ザ・ゲーム(字幕版)

ザ・ゲーム(字幕版)

  • スキート・ウールリッチ
Amazon