motokaiho’s blog

元海保の体験談

【海底に眠る不発弾】爆発物処理班と私

どうも、元潜水士です。

 

海上保安庁に入庁し、海上保安学校にて1年勉学に励み、己を鍛え上げ現場に出させていただきました。

 

現場に出てから半月ほどで事件は起きました。

 

半月間原発警戒や巡回、取り締まりなどの業務を行っておりましたが、海難だとか特別な事案は発生しておらず、

 

現場ってこんなもんなのかぁ

 

なんて思っていた矢先、保安部から無線が入りました。

 

地元の漁師が海底に変なものが沈んでいる、不発弾じゃないか?

 

との連絡があり、自衛隊と協力して確認し、撤去せよとの命令が下った。

 

ほどなくして自衛隊の爆発物処理班(全身黒ウエットスーツ)が到着し、ミーティングを実施。確認のため、潜水を開始した。

 

私はまだ潜水士ではなかったため、水上にて支援班として活動していた。

 

数分後、水中からにょきっと全身黒スーツが浮上(密漁犯みたいにみえました)

 

「不発弾ですね~」

 

と一言。

 

「これ、下で爆発させるんで、警戒お願いします。」

 

と指示され、

 

「え?爆発させるの??」

 

と困惑しましたが、

 

「大した大きさじゃないし、大丈夫ですよ!」

 

と言われたので、警戒兼見学をすることになりました。

 

不発弾の処理は小型の爆弾を取り付け、遠隔にて爆破させるとのことだったので、爆弾設置後、無線にて合図を待つことになりました。

 

「振動とか来るんですかね?」

 

そう上席に尋ねると、

 

「小さいって言ってたし、なんもおきないんじゃない?」

 

と緊張感もない状態で爆破の合図が無線にてはいりました。

 

「それでは爆破します。ごー、よーん、さーん、に、いち」

 

ドーーーーーーーーン!!!

 

想像以上の水柱が上がり、上席の顔を確認すると、上席の目玉は飛び出て船艇に転がっていました。

(嘘です)

 

のちに自衛隊の方に聞いてみると、

 

「いやぁ、思ったより爆発しましたね!」

 

と爽やかに帰っていきました。