motokaiho’s blog

元海保の体験談

【夏前の怖い話】事案後の深夜機関室にて、ゾッとする瞬間が。。。

どうも、元潜水士です。

 

最近怖い話ばかりブログにしておりますが、最近暑くなってきたので、ちょっとヒンヤリしてもらえたらなぁ。という思いであります。

引用元:フォトAC

よく質問で、ご遺体などをよく見られるんですか?とか、幽霊とか見ないんですか?とか聞かれるのですが、海保や警察などは否応なくご遺体は見ることになります。

 

幽霊に関しては霊感に関係してくるのか、しっかり見たことはないんですよね。

 

おそらく、シックスセンスは私にはありません!

 

なくてよかったーーーー!!

 

そんなシックスセンスのない私にも、ちょっと変わった体験というものがありますので、ご紹介させていただこうかと思います。

 

その日は車両転落が発生した日でした。

 

夜中に連絡があり、潜水士3名にて現場に向かうと、消防のダイバーが先についており、車両転落の位置を特定してくれていました。

 

深夜の潜水はあまり経験がないらしく、また深度もギリギリ10mを超えており、尚且つヘドロで視界が悪い。位置特定のみで海保の潜水士に引き継ぎます、とのことだった。

 

消防のダイバーとはよく連携することがあり、顔見知りも多く、とても仕事の引継ぎがスムーズであった。

 

いつか消防との潜水訓練であった面白いエピソードを記事にしたい。

 

引継ぎが完了し、潜水を開始。

 

ヘドロのまき上げも収まり、車両を発見することができた。

 

車両の状態はフロントがヘドロに突っ込んだ状態で、車のリア部分、トランクの部分がかすかに見えている状態であった。

 

ヘドロをまき上げないよう車に接近し、トランクのドアを開放。中を見てみると運転席にいるように見えた。

 

自殺か。

 

以前の記事でもお話ししましたが、車両転落で座席に座っている場合は、ほぼ自殺で間違いない。

 

潜水士の中で一番小型の私が車両に入り、後部座席のヘッドレストを外し奥に侵入。運転席の人に手をかけるシートベルトがしてあった。

 

シートベルトもついていると、かなりの覚悟だったんだと感じる。早く陸にあげてあげたい。そう思いました。

 

シートベルトを外し、ようやく運転席から人を出したとき、はじめて女性だと分かった。この仕事をしていると、よくご遺体の顔を見ることがあります。

 

たまにユーチューバーやティックトックの人で、自殺しようとしている方に、自殺している人に安らかな顔をしている人はいない!みたいなことを言っている方を見かけることがありますが、実際はどうなんでしょうか。

 

私がみた車両転落でなくなっている方は、みんな眠っているように安らかな顔をしています。

 

本当にただ眠っているような顔です。

 

自殺を考えている人に、楽になるんだよ。なんていうつもりも、自殺を進めるわけでもありませんが、人それぞれ考えがあり、苦しみもいろいろだと思います。

 

だから、無責任に死んだってしょうがねえだろ!生きてれば何とかなるんだから生きろ!なんていうこともできません。

 

ただ、自殺をする覚悟があるんだったら、その覚悟で何かやってみてはどうかな。と思います。何もやらずに死を選ぶよりは、なにか他の道が見えてくるかもしれませんから。

 

すみません。話がそれてしまいました。

 

女性を車両から連れ出し、陸にあげて消防に引き継いで、その日は船に戻ることになりました。

 

船に戻りシャワーを浴び、潜水班にて今日の振り返りを行って解散。私は当直だったので、船で就寝。

(潜水士とかは関係なく当直業務があります)

 

朝、船に暖房をつけるために4時ごろ起床。機関室に行きボイラーを起動。

 

朝は強いほうだったので、ボイラーを起動中、静かな機関室内で筋トレをしていると、ふと機関室の上の部分に人影が見えたような気がした。

 

上に行ってみると人はいなく、おかしいな?と思いながらもボイラーに戻る。

 

ボイラーの水面計を眺めていると、また人影を感じる。

 

スッと近くを誰かが横切るような感じがしたので、所英男のバックブロー並みの速さで後ろを振り向くも、誰もいない。

 

かすかに感じたのが、昨日の車両転落で引き揚げた女性の雰囲気だった。

 

そう感じたのは、しっかり顔を確認していたせいなのか、それともご遺体を見た後で、自分でも感じていないストレスが脳に幻覚をみせているのか。

 

私はシックスセンスがまったくありません。

 

ただ今回感じた気配に関しては、

 

陸に戻してくれてありがとう

 

そう女性が伝えに来てくれたと思うようにしました。

 

その後、機関室にはそのような気配を感じることはなくなりました。