海上保安庁【裏】広報部

元海保が勝手に海上保安庁の広報を担当します

MENU

【密着!海上保安庁24時】出港から入港まで

どうも、元潜水士です。

 

海上保安庁のお仕事に完全密着!巡視船業務の実態に迫りたいと思います。

(言える範囲で)

引用元:フォトAC

早速休み明け、巡視船に集合するところから密着開始!

(PL巡視船を例にします)

 

0730

機関科乗組員が船に到着

発電機の切り替えなど、エンジンの準備を開始

 

0800

航海科等乗組員が船に到着

係留索外しなどの準備を開始

 

0830

上席たちの軽いミーティング後、出港

原発警戒や、海域のパトロールに向かいます。

 

航海中は3交代制です

0800-1200

1200-1600

1600-2000

この4時間交代で船舶を航行させます。この当直をワッチといいます。

 

1115

お昼ご飯

主計科主導のもと、下っ端がわちゃわちゃ準備いたします。

 

現場海域到着

アンカーすることもあれば、そのまま漂泊することもあります。

 

ワッチ以外の時間については休憩したり、訓練したり、搭載艇で取り締まりに行ったり、様々なことをしています。

 

1715~1730

夕ご飯

主計科主導のもと、下っ端がわちゃわちゃ準備いたします。

 

その後偉い人からお風呂に入ります。

(夕飯前から入る人もいます)

 

ワッチ以外は寝たり、筋トレしたり、夜食を作ったりします。

 

そんなこんなで1週間

何もないとこの繰り返しを毎日行うというわけです。

 

1週間ぶりに入港

 

1730

下船

 

みんな合コンに行ったり、ご飯食べに行ったり、家に直帰したり。

 

そして休暇後、1週間の長丁場が待っている。

 

 
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 元海保 (@motokaiho)