海上保安庁【裏】広報部

元海保が勝手に海上保安庁の広報を担当します

MENU

【拳銃のダチョウ倶楽部】やるなよ!絶対やるなよ!をやるやつ一人は必ずいる

どうも、元潜水士です。

 

海上保安庁って救助だけじゃなくて警備もやるので、拳銃や小銃も取り扱っております。

引用元:フォトAC

サバゲー好きな方は海保に入っちゃいましょう!

 

海保学校でも拳銃や小銃の取り扱いを行い、拳銃については実弾を使用して射撃訓練を行います。

 

ただ誰でも実弾を撃てるわけでなく、整備がちゃんとできて、操法も合格した人のみが実弾を撃つ資格を与えられるんですよね。

 

※当時はニューナンブ、今はサクラかな??

小銃については、学校の時には説明と分解結合くらいだった気がします。

(記憶があいまい)

 

そこで毎年必ずあるんじゃないかな?と思う、なんでそれやっちゃうの!?という拳銃の事案をご紹介いたします。

 

海保学校では拳銃の授業があり、拳銃の仕組みやら、分解結合、操法などを学びます。最終的に実弾を撃って終了の流れなのですが、必ず分解結合時に発生する事案があります。

 

拳銃を分解する際に、部品名などは差し控えますが、バネが入っている部分があります。そこの部品を外すとバネがぴょーんと飛んで行ってしまうので、飛ばないように手で覆ったりしながら外す作業があるんです。

 

教官「いいか、絶対にバネを床に落とすなよ!

 

学生「はい!

 

ぴょーーん

 

教官「誰だやったの!!やるなっていったろ!!

 

というのが恒例行事です。

 

ちなみに現場に出てもバネ飛ばす人がいますので、意外と学習能力なくても海保に入れます。

 

これを読んでから海保になった人は、絶対にバネを飛ばしちゃいけませんよ!絶対ですよ!!

 

※ちなみに小銃は64式と89式があります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 元海保 (@motokaiho)