motokaiho’s blog

元海保の体験談

MENU

【これぞパワハラ】こんなパワハラを受けていたら、どんなパワハラも怖くない!!

どうも、元潜水士です。

 

昔から世間を騒がしているパワハラ問題ですが、いくら問題になっても無くならないんですよね。

 

引用元:フォトAC

 

これっていじめと同じで、やってる側ってあんまりパワハラと思ってないんですよね。思っていたとしても、それ以上に面白いんだと思います。

 

自分より弱い相手が苦しんでいるのを見るのが

 

「悦」

 

って人が、いじめたりパワハラをしたりするんです。

 

そんな中、私も数多くのいじめやパワハラを受けてきました。

(学校時代から海保にかけて)

 

そこで、私が受けた海保でのパワハラと、その対処法をご紹介させていただきたいと思います。

 

参考になるかどうかわかりませんが、こんなパワハラもあるんだということを知っておくと、今受けているパワハラは大したことないじゃないか!とか、これよりひどいから警察に相談しよ!とか現状を変化させるきっかけになればと思います。

 

海上保安学校での教官からのパワハラ

・2時間正座地獄

とある教官と飲み会をしたときに、学生が教官のモノマネをして会場を盛り上げていました。翌日、参加した学生全員が呼ばれ、2時間正座をさせられ、罵倒を浴びせられ続けました。

 

みんな、足が痛くて話が入ってこないのですが、話を聞け!と頭を叩かれ2時間が経過。

 

教官:「足居痛いか!?」

 

と学生1人1人に聞いていくと、みんな弱音を吐いたらいけないと思っているのか、

 

学生「痛くありません!」

 

と言って、

 

教官「痛くないなら、痛そうな顔するな!」

 

と頭を叩かれたり、足を踏まれたりしておりました。自分の番になり痛いかどうかを言われた際に、私はこう言いました。

 

私「痛くて教官が何言ってるかよくわかりません!」

 

教官「よし、くずせ!」

 

正直者がパワハラを凌駕した瞬間でした。

 

②現場に出た時のパワハラモラハラ

・上司にゴミ扱いされる

現場に配属されて1週間、教科書で学んだ内容とは違い、船の業務を覚えるのは大変でした。それをみた上司からは、

 

上司「また使えない奴が赴任してきたな」

 

とか

 

上司「お前見てるとイライラするな、早く辞めて新しい職にでもつけ」

 

とかとか

 

上司「お前みたいな奴は何やってもダメなんだよ」

 

みたいなことを毎日みんなの前で言われ続けること数か月。流石のメンタルお化けの私もイライラが溜まってきました。

 

そんな時、潜水士の選考会が行われると聞き、航海長が勝手にエントリーしてくれていた。そのことを聞きつけた上司が私に一言。

 

上司「お前みたいなのが潜水士になれるわけないだろ」

 

私「頑張ってなりますよ、潜水士になればあなたと別の船に乗れますし。それだけでモチベーションがギャンギャン上がってきますよ。」

 

とみんなの前で言い放ったところ、カンカンになって文句を言ってきましたが、その後見事選考会を突破し、潜水研修に行くことに決まりました。

 

選考会にいく前の下船式にて、保安部長なども顔を出している中、潜水士になって救難を頑張ることを決意表明した後、私は声高々にこう発しました。

 

私「〇〇さんが私のことを思い、お前はなにもできない、使えないとはっぱをかけてくださったことにより、私は潜水選考会を突破することができました。毎日の叱咤激励ありがとうございました。」

 

船員は皮肉たっぷりということが分かり苦笑い。保安部長は感謝の気持ちを伝えているのだろうという顔。当の本人はなんか焦ってました。

 

他にも、まだまだこんなもんじゃないパワハラがありますが、対処法としては、向き合っていくしかないんじゃないかと思いました。

 

つらい顔するともっと楽しくなってしまうのが、パワハラ族なので、その人たちの楽しみに付き合うことなく毎日を謳歌しましょう!!

 

ちなみに潜水士になって数年後、同じ船にパワハラおじさんが乗船してきましたが、救難船経験がなく、立場が逆転しました。

 

しかし、私はこの人を使えないとは罵倒しません。だって、同じ人間になりたくないから。

 

 

ストレス解消道具