海上保安庁【裏】広報部

元海保が勝手に海上保安庁の広報を担当します

MENU

【巡視船はデートスポット?】当直時に突然の侵入者現る

隠れたデートスポット

引用元:フォトAC

今回は巡視船に勤務していたときのお話をさせていただこうと思います。巡視船勤務は船の大きさによって、航海の長さが違います。

例)

PM(約5日)

PL(約1週間)

PLH(約10日)

 

航海が終わると、陸に戻ってきてお休みとなるのですが、巡視船を管理しなくてはいけないので、数名の当直が待機しています。

(これを停泊当直といい、休日がなくなる悲しい職務です)

 

当直中は船内の清掃をしたり、航海科であればサビ打ちしたり、ホーサーを修復したりします。機関科は簡単な機関の整備などをしております。

 

当直だからといって、1日ボーッとしているわけではないんですね。

 

そんなある日のこと。私が停泊当直をしているときのことでした。一通りの仕事が終わり、船内の見回りも終了。他当直も自室に戻ってときのことでした。

 

巡視船は岸壁にタラップが設置してあり、そのタラップには監視カメラが設置されています。誰かが勝手に上がってきたらアラームがなり、侵入者を速やかに発見することができます。

 

アラームが鳴った。

 

マジかよ、こんな時間に誰だよ、やめてよ。

 

そんな気持ちで席をたち確認することに。その時はまだ施錠していなかったため、「ガチャ」っと音がして巡視船に入ってくる気配を感じた。

 

よく見ると、新人航海士補の子が彼女らしき女の子と一緒にこっちを見ている。

 

自分「どうした?っていうか何はいってきてるの?」

 

新人「彼女が巡視船内みたいっていうんで連れてきちゃいました」

 

自分「それで?」

 

新人「自分で案内するんで見て回っていいですか??」

 

自分「帰れ」

 

新人「えっ?駄目っすか??」

 

自分「はい、駄目でございます。お引取りやがれ下さい」

 

彼女の手前、怒鳴り散らしてやりたかったですが、精一杯の大人な対応をして帰ってもらいました。

(自分で自分を褒めてあげたい)

 

後日お説教をたっぷりしましたが、納得はしていないようでした。それから数ヶ月、彼は破天荒ぶりを隠しきれず、問題行動を起こし続け辞めていきました。

 

海上保安官も、警察も、消防も、自衛隊も色んな人がいるんです。真面目にしっかりとした人もいれば、このようなクレイジーな方も大勢います。

 

人それぞれ。みんな違って皆良い。

(多少常識があること前提)

 

現在社会に出始めた若者の皆さん。行動する前に少し考えてから行動するようにしましょう。

 

 

今回の記事は下記のスマホで作成してみました。スマホだと、文字の色付けできないのかな??思ったよりキーボード付きのスマホは使いやすく、文字をよく打つ人には便利かもしれません!

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 元海保 (@motokaiho)