海上保安庁【裏】広報部

元海保が勝手に海上保安庁の広報を担当します

MENU

【海上保安庁で使う基本的なロープワーク4選!!】レスキューロープワークも紹介!

ロープワークっていいよね

海上保安庁の巡視船

引用元:フォトAC

海上保安庁に限らず、ロープワークを使う職業は多くあります。例えば船関係の仕事はほとんど必要だと思いますし(陸上勤務ももやい取りとかあると思います)、山関係のお仕事も必要です。運送業や土建関係のお仕事もロープワークはある程度できるのではないでしょうか??

 

公務員関係で言いますと、消防も当然ロープワークは必要ですし、自衛隊だって必要です。皆さんあまりピンとこないかもしれませんが、警察だってロープワーク必要なんです!機動隊は制圧関係のお仕事もやっていますが、災害救助なども行っているため、救助訓練もしていますし、ロープワークもやっています。しかも警察の機動隊はいい機材をたくさん持っているので、合同訓練では東京の立川にある機動隊施設にて訓練を行うこともあります。

ただ、ロープワークといっても様々なものがあり、職業上使わないロープワークも多々あります。

例えば運送業の人は荷物を固縛するためのロープワークにかけてはプロフェッショナルですが、船などで使う帆足や二重つなぎなどは使わないのではないでしょうか。

(私の想像です)

海保や消防についても、車の荷台に荷物を固縛するときは、運送業の人より下手かもしれません。餅は餅屋というやつでしょうか。

というわけで、海保で使う基本的なロープワークと、レスキューで使う基本的なロープワークをご紹介させていただきたいと思います!

海保で使う基本的なロープワーク

①もやい結び(ボーラインノット)

もやい結び

もやい結び

このもやい結びは結びの王様なんて呼ばれており、ロープワーク界のマイケル・ジャクソンのような異名、キングオブノットと言われるほど重宝する結びとなっています!

理由としては、結びやすく、解きやすい、汎用性がある!などなど良いとこばかり!主に船を係留したりすることに使われますね。

他にもレスキューでは高所で自己確保をする際にカラビナに結着する時に使用したりします。(ダブルエイトノットの場合もある)

②巻き結び(クラブヒッチ)

巻き結び

巻き結び

通称徳利結びとも呼ばれており、昔はお酒の入ったツボみたいなやつに結んで持ち歩いていたそうです。ちなみにクローブヒッチが正式名称っぽいのですが、何故か海保ではクラブヒッチと呼んでいました。

(謎です)

用途としては一時的に何かを固定する時に使用します。素早く結べるのが利点ですが、解けやすいので注意が必要ですね!

③本結び(リーフノット)

本結び

本結び

別名男結び!など色んな呼び方があるのですが、用途としては物を固縛したりするものとなっています。2本のロープの端と端を繋げるのにも使うのですが、異なった太さのロープには適していないですし、同一の太さのロープでも、テンションのかかり方によって解けやすいのでオススメはしません。

④二重つなぎ(ダブルシートベンド)

二重つなぎ

二重つなぎ

カッコイイ名前ですよね。私の一番好きなロープワーク名ですが、実際にあんまり使ったことはないです。

(航海科じゃなかったからでしょうか?)

 

こちらは先程紹介した本結びでロープを繋ぐのに適していないと紹介したのですが、ダブルシートベンドは2本の端と端を繋げるのに適したロープワークとなっています!しかも太さの違うロープでもいけちゃうのが特徴ですので、覚えておいて損はないかと思います!

以上が基本的なロープワークとなっているのですが、レスキュー的なロープワークは他にもこんなものがあります。

レスキュー的なロープワーク

①鎖結び(チェーンノット)

②プルージック

③ニまわりニ結び(ラウンドターンアンドツーハーフヒッチ)

④8の字結び(エイトノット)

⑤座席結び

 

などなど、他にもたくさんあるのですが、紹介すると結構なボリュームになりますので次回にさせていただきます。

ロープワークに関しては同じような記事や動画も多いので、わざわざ本を買う必要もありませんので、興味のある方はYouTubeやブログを見て覚えましょう!

 

ちなみに将来的にレスキュー隊員になりたい人などは、ロープを購入して練習してみてもいいかもしれません。結構日常でも使えて便利ですのでオススメです!

さぁ!今日から趣味の1つにロープワークが追加されましたね!

 

おすすめの記事はこちら!!

 

motokaiho.hatenablog.com

 

motokaiho.hatenablog.com

 

motokaiho.hatenablog.com