海上保安庁【裏】広報部

元海保が勝手に海上保安庁の広報を担当します

MENU

【映画と現実はどちらがハード!?】海上保安庁潜水士の訓練を激白!!

海猿の映画やドラマの訓練ってきつそうですよね

筋トレする男性

引用元:フォトAC

潜水士の訓練について、きついんですか?どんなことやってるんですか?というようなご質問をいただきましたので、お答えさせていただきたいと思います。

 

まず、訓練はキツイのかどうか

海猿の映画やドラマで訓練風景が映し出されるシーンがあると思いますが、あれを見て皆さんどう思うでしょうか?

 

やば!きつそう!

あんなのやったら死んじゃうよ!絶対無理!!

と思うでしょうか?それとも、

あんなの余裕でしょ?こんなこともできないの?

と思うでしょうか?正直なところ、きつそう!と思う人のほうが多いのではないでしょうか?私も潜水士になる前にドラマの訓練シーンを見ていたら、きつそう!と思っていたと思います。

 

ということはつまり、実際の訓練のほうがキツイということなんです!正直実際にいろんな訓練をやってみてから海猿の訓練シーンを見てしまうと、楽そうだなぁなんて思ってしまいました。

 

それでは、実際の潜水士はどんな訓練をしているのかご紹介させていただきたいと思います!

 

実際の潜水士がやる訓練内容紹介

 

①潜水訓練

潜水訓練は実際の海でおこなう捜索訓練や、転覆船内から要救助者を救助する想定訓練、潜水サーキットと呼ばれる訓練を実施します。

 

潜水サーキットとはどんなものかといいますと、ボンベをつけない状態で、マスクシュノーケル、フィン、ウエイトを装備して行う訓練となっていて、海面から巡視船にロープで登ったり、巡視船から海面に飛び込んだりといった体力的なトレーニングとなっております。

 

サーキットの内容は以下のような流れで訓練を実施します。

(潜水班によって内容は変わってきます)

・巡視船の船首から海面にI can fry

・巡視船から垂らされたロープを使って船首までGO

・せっかく登ったのに、再度I can fry

・巡視船から垂らされたラダーを使って船首までGO

・またまたせっかく登ったのに、再度I can fry

のようなことを延々と繰り返す、いわば賽の河原のような訓練となっております。

 

また、プールでの訓練もあり、これがめちゃくちゃキツイ。プールは溺れてもすぐに蘇生できるので、かなり無茶な訓練をおこないます。特に障害ドルフィンや重りを持った立ち泳ぎ、盲目にされプールに放り込まれるなどなど。とんでもない訓練がわんさかあります。

 

ああ、思い出したくない。

motokaiho.hatenablog.com

②救助訓練(レンジャー訓練)

救助訓練では、海の中ではなく、座礁船からの要救助者の搬送や、船内にて要救助者が発生したことを想定して行う訓練などなど。陸上や船上にて行う訓練をメインとして行います。

 

ちなみにどんな訓練を行っているかといいますと。

・要救助者の吊り上げ訓練(ロープや滑車などを用いた訓練)

・要救助者搬送訓練(ストレッチャーやスリングを用いた訓練)

・降下訓練(ロープとカラビナを用いた訓練)

・サーキット訓練(潜水サーキットのような賽の河原訓練)

こんなような訓練を潜水訓練と交互に行っております。またサーキット訓練ですが、これは単純に体を酷使して脱水症状になり、水分って大事なんだなって思わしてくれる訓練となっております。

 

正直どの訓練もきついんですけど、先輩や意地悪な班長が考える想定訓練を行う際に、船の中に取り残されている人(足骨折)を救助するといった訓練があります。訓練を始めると、おそらく実際の現場よりハードな環境になっており、

「あんたなんでこんなとこに挟まってんねん!!」

みたいな状況が多々発生いたします。実際の現場より過酷な訓練をやっておかないと、現場で動けなくなっちゃうので、訓練はいつもハードでしたね。

 

また火災船対応もあるので、巡視船に積んでいる消火設備の取り扱い訓練や、ライフゼムといった消防の人がつけているボンベとマスクを使用した訓練も行います。

 

このような訓練のほかにもHR訓練と呼ばれるヘリから降下したり(潜水士はホイスト降下)、ヘリに要救助者を吊り上げたり、巡視船と岸壁を係留しているホーサーを渡って海に落ちたり、特殊救難隊が訓練している防災基地のプールで溺れたりなどなど、様々な訓練があるんです。

motokaiho.hatenablog.com

こんな訓練楽勝でしょ?海保なんてしょぼくね?なんて猛者な人がいましたら、是非海上保安庁に入庁していただいて、海上保安庁の救助レベルを底上げしてくれたらと思います。

 

訓練だよ!ドМは集合!!

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 元海保 (@motokaiho)